メルセデス(100g)

  • M005
  • M005
  • M005

メルセデス
Mercedes – Mexico

~ 軽い苦味と甘味 ~

Mexico<原産地> メキシコ

首都メキシコシティの南東方向にある、オアハカ州プルマ地方はメキシコでも良質なコーヒー産地として有名です。2,500m級の山が連なる山脈を越え、太平洋岸に面した、険しい山岳地区でコーヒーが生産されています。山深い地域なので、低産地に比べて労働生産性が悪く、生産量は限られます。「メルセデス農園」もこの山岳地区にあり、急斜面を利用して栽培されたコーヒーを赤い実だけを丁寧に摘みわけて、100%天日乾燥で仕上げられます。品種としては、ティピカ種が主体ですが、この地域だけに見られる、ティピカの一種であるプルマヒダルゴと呼ばれる品種が主要です。柔らかい酸味と甘味がバランスよく調和し、芳醇な香りはコーヒーの女王と呼ぶにふさわしいものです。生豆を見るとわかりますが、比較的粒がそろっており、欠点豆も少ないです。収穫・精製の丁寧な作業ぶりが想像できます。この農園のコーヒーは生産量も限られている為、生産量のほとんどは、ドイツに輸出されてしまいます。ヨーロッパ圏だけでなくアメリカのコーヒー市場においても、品質の高い銘柄を作り出す農園として絶大な支持を受けた農園です。「メルセデス」という名前の由来はドイツ系メキシコ人である農園オーナーのお嬢さんの名前「メルセデス」から命名されました。
mail-ok

販売価格
¥648
在庫状態
売切れ
豆の状態
売切れ